シンポジウム 子どもたちの命と生きる ―絵本で語る東日本大震災



○開催日時と場所など

・日時 2024年3月23日(土)13―16時
・会場 専修大学神田キャンパス7号館3階731教室  アクセス キャンパスマップ (東京都千代田区神田神保町3-8)

*事前申込制(以下のURLかQRコードよりお申し込み下さい、先着80名、3月21日まで)、無料

申込用URL 

*オンライン配信併用予定、前日に参加方法をご連絡します。

○チラシ(画像をクリックするとPDFファイルになります)



○開催趣旨

2011年3月11日の東日本大震災津波により、東北地方太平洋沿岸部は甚大な被害を受けました。
このシンポジウムでは、東日本大震災でお子さんを失った父母などに、それぞれ制作した絵本を紹介していただき、
これまでの歩みを語りあうことを通じて、東日本大震災津波事故とご遺族の思いに触れます。

○進行予定

第1部 絵本の紹介と込められた思い(13時―)

 
絵本:左より、大友さおり「いっしょに」(『優しいあかりにつつまれて』所収)、千葉直美『朝顔の声』
(田村孝行・弘美『不思議な光のしずく』、日和幼稚園遺族有志の会『二人の天使に会ったぼく』も、近日発刊予定)

第2部 パネルディスカッション(15時―)

・報告者&パネリスト(予定):
田村孝行・弘美(七十七銀行女川支店津波事故遺族)、大友さおり(名取市閖上地区津波事故遺族)、西城江津子・楓音(日和幼稚園津波事故遺族)、千葉直美(石巻市民)

・絵本朗読者:
松野芳子(フリーアナウンサー)、里美亜季、たなかみちこ(田中三千子)

・コーディネーター:
飯考行(専修大学教授)

○主催

専修大学法社会学研究室

○問い合わせ

iit@isc.senshu-u.ac.jp (専修大学・飯考行)

○関連書籍

飯考行編著『子どもたちの命と生きる―大川小学校津波事故を見つめて』(信山社、2023年刊)

 home