シンポジウム

青森県のQOLと労働法政策

 




      ←画像クリックで拡大します。

    ・趣旨

     近年、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)、すなわち社会や生活の質を重視して、どれだけ人間らしい生活を送り幸福を見出しているかが注目を集めています。
     このシンポジウムでは、青森県のQOL向上の視点から、地域での働き方や紛争解決方法を含む法政策がいかにあるべきかを検討します。 

    ・日時、場所

     2010年11月6日(土)14時−16時30分、弘前大学人文学部校舎4階視聴覚ルーム(文京町キャンパス内)にて 地図 弘前市内 会場(ぁ

    ・内容

     第一部 講演
      野田進(九州大学大学院法学研究院教授)「中小企業と労働紛争解決」

     第二部 パネルディスカッション「青森県のQOLと労働法政策」
      パネリスト:野田進、李永俊(弘前大学人文学部准教授)、油川安孝(社会保険労務士)
      コーディネーター:飯考行(弘前大学人文学部准教授)

     総合司会:長谷河亜希子(弘前大学人文学部准教授)

    ・対象者など

     学生・市民一般、入場無料、事前申込不要

    ・開催

     主催:弘前大学人文学部

    ・問い合わせ

     飯考行(いい・たかゆき)まで
      住所:〒036-8560 弘前市文京町1番地 弘前大学人文学部裁判法研究室  電話:0172-39-3958  E-mail:iit@(半角)cc.hirosaki-u.ac.jp