シンポジウム 受刑者の権利保障と社会復帰に向けて

 

   ←画像クリックで拡大します。


    ・趣旨

      裁判員制度が施行されて4年が過ぎ、青森県内でも60例近くの裁判員裁判が行われています。

      その裁判員裁判の経験者からは、被告人に対して“更生”を期待する声が聴かれる一方、裁判員裁判後の(元)被告人が、

     その後どのような道を歩むのかはあまり知られていません。、

      そこで、このシンポジウムでは、とくに刑務所に入った(元)被告人の現状を知り、真の“更生”を目指すためには何が必要かを、

     来場された方と一緒に考えます。

      将来、裁判員として裁判員裁判に臨む可能性のある皆さんに是非ご来場いただきたいと思います。

    ・日時、場所

     2013年12月14日(土)14時−17時、弘前大学人文学部校舎4階多目的ホールにて 地図 弘前市内 会場()

    ・内容

      報告と講演

       平野潔(弘前大学人文学部)「企画趣旨と裁判員裁判後の(元)被告人」

       河合正雄(弘前大学人文学部)「受刑者の権利保障の現状」

       五十嵐弘志(民間非営利団体マザーハウス・代表、VIPプリズム・会長)「人生は出逢いで決まる」

    ・対象

     学生・市民一般、入場無料、事前申込不要

    ・開催

     主催:弘前大学人文学部現代社会課程法学コース・青森家庭少年問題研究会
         (平成25年度人文学部教育プロジェクト等支援経費「法的資質を育成する法教育・法学教育プロジェクト」)

    ・問い合わせ

     平野潔まで
      住所:〒036-8560 弘前市文京町1番地 弘前大学人文学部刑法研究室
      Tel:0172-39-3199  E-mail:k-hirano@(半角)cc.hirosaki-u.ac.jp   

  home